応援メッセージ

今回の開院にあたり、たくさんの方々から応援メッセージをいただきましたのでご紹介します。あいうえお順、敬称略です。皆様応援誠にありがとうございます!心から感謝申し上げます。お名前の最後のかっこはぼくの注釈です。

​​①

二村先生

開業おめでとうございます。大学で知り合い、お互い九州出身でラグビー部ということでとても親しくさせてもらいました。正義感が強く男気のある根っからの九州男児です。私は研修終了後九州に戻り、あまり会う機会がなくなりましたが豪快かつ繊細で患者さんには優しく慕われる先生になると思います。コロナで大変な時期ですが、門前市を成して密にならないか心配です。

 

九州中央病院 消化器外科 部長 足立英輔(慈恵医大同級生・ラグビー部同級生・親友)

 

二村先生 

新規開業、本当におめでとうございます。定期戦のスクラムで二村先生の対面をさせてもらった京都府立の井川です。卒業後もいろいろありがとうございました。ニューヨークでも会いましたね。いわきのハワイアンズも楽しかったです。これまでいろいろな人と付き合いましたが、先生ほど誠意のある人を知りません。その先生が決断されたということは、きっと大きな意義のある挑戦にちがいありません。これから多くの患者さんが素晴らしい治療を受けられることでしょう。ご活躍を信じております。無理をして身体を壊さぬようにしてください。

 

京都第二赤十字病院 外科 副部長 井川理(大学ラグビー交流戦同級生・親友)

開院おめでとうございます。

二村とは中学校からの付き合いであり、お互い大学は東京だったので、よく遊んだものです。二村は正義感が強く、人との繋がりを大切にする奴です。今後は開業し福島の皆さんにますます愛され、頼りにされる名医になる事を祈ってます。健康には気をつけて頑張って下さい。(敬称略で書いてます)

 

サントリーコーポレートビジネス株式会社 九州支店長 一刈久志(明治学園中学校・小倉高校同級生・親友)

二村君開業おめでとうございます。

二村医院はきっと笑いと音楽の絶えない明るい医院になることと思います。これからも持ち前のガッツとフロンティアスピリットでいわき市の医療を支えていってください。小生もずっと応援しています。

 

三菱ケミカルエンジニアリング 技術本部 江本源一(小倉高校同級生・親友・ジャズの師匠)

二村先生

ご開業おめでとうございます。25年前に医局の忘年会で先生とサンバをやって以来、親しくさせていただいておりますが、私の母の故郷であり、私の本籍地でもあるいわきの地で開業される、というのも何かのご縁でしょうか。病に悩む多くのいわき市民を助けるだけでなく、先生の持ち前の明るさでいわきの町に笑顔を増やしていただけるものと確信しております。クリニックのご繁栄を心より祈念致します。

 

東京慈恵会医科大学葛飾医療センター 外科 准教授 薄葉輝之(慈恵医大後輩)

二村 浩史先生

いわきの方々がうらやましいかぎりです!私が医学部6年生だった二十余年前、優しく患者さんとご家族に術前の説明をされていた外科医ニムちゃんの姿を今でも思い出します。毎年行われる九州人会(私も福岡出身)では、我々後輩を何軒もハシゴして連れて行ってくださいました。しゃれたジャズ屋にも行きましたね。今思えば、奥様に怒られなかったかなと心配します。こんなに面倒見のいい先輩は会ったことがありません。心優しいニムちゃんのことですから、患者さん方に慕われると思いますが、自らの健康あってのクリニックです。どうか心と体を大事にされてください。きばりんしょれ〜。奄美大島より。

 

大和村国民健康保険大和診療所 所長 小川信(慈恵医大後輩・ラグビー部後輩・無医村の師匠)

二村浩史先生 頑張れ!

ご無沙汰してます。お元気そうでなによりです。60歳目前の開業もやり方次第ではありかと。今の60歳は昔の50歳くらいでしょう。定年も延長されてるし。また会える日を楽しみにしています。二村先生、ラグビー魂とサンバの心意気をもって医療で地域を盛り上げてください!!

 

京都府立医科大学附属北部医療センター 病院長、 京都府立医科大学 外科学教室 消化器外科部門 教授 落合登志哉(大学ラグビー交流戦同級生・親友)

にむちゃん

万歳!万歳!ばんざーーい。まず、クリニック開院本当におめでとう!12月中にお祝いと応援メッセージをメールにて送ります。また、にむちゃんの現住所もお知らせください。2021年4月にいわきで、飲もう!かげやまでした。

にむちゃん(二村浩史先生)との楽しい想い出

1)最初の出会い

にむちゃんとの最初の出会いは1982年(昭和57年)にもさかのぼる。私は同年4月、東京慈恵会医科大学解剖学講座の助手として着任した。私は第三解剖学講座の所属となり、徳留三俊教授、加藤征助教授(両者とも故人)の指導の下、肉眼解剖学実習に参加していた。慈恵医大の解剖学実習の指導は厳しく、終了時間は午後10時、11時となることも稀ではなかった。特に徳留教授の骨試問(ぼんくい:Bone Quiz)や、ご遺体を用いた口頭試問では終了時間は、真夜中の12時を過ぎていた。この口頭試問をパスしないと合格点はもらえない為、医学生らは何度もトライするのである。にむちゃんはその時の学生の一人である。ある時、次のようにお願いされた。『影山先生!申し訳ないけれど、これから国領でラグビーの練習があります。東医体(東日本医学生体育大会)が近づいており、練習に行かなければなりません。午後10時過ぎには必ず戻って来ますので、そこから朝まで解剖をさせてください。』にむちゃんの申し出を受け入れ、10時過ぎから解剖が始まった。気づいたときは西新橋3丁目、雀の鳴き声が聞こえてきた。この時が境なのか覚えていないが、にむちゃんとの付き合いは学生時代を通じて、今でも続くこととなる。学生時代、良く通った店が渋谷の『バンファン』というカウンターとテーブル1台のみの居酒屋だ。 にむちゃんは福岡出身なので、九州出身のマスターとも良く気が合った。バンファンには何度通ったことだろう。数えきれない。その他、うな新、新橋の屋台、新橋亭など、枚挙に暇がないほど一緒に行った。

2)田園都市線沿線

私は1983年から3年間、田園都市線の青葉台で、1988年から2年間、宮前平で暮らした。当時、にむちゃんは鷺沼に住んでいた。確かお姉さんのマンションで、お姉さんご夫妻は仕事でドイツ滞在中とのことだった。寒い冬のある日、我々はバンファンで, 閉店まで飲んでいた。確か、浦島君、本郷君(現在、両名とも慈恵医大教授)にむちゃん、牛島君、竹内先生、国府田先生、影山だろうか。他にも居たと思われるが思い出せない。確か4名くらいが帰る方向が同じだったようで、バンファンのマスターに車で送ってもらった。鷺沼あたりの坂がアイスバーン状態となっており、マスターの車が前方のタクシーと軽くぶつかってしまった。バンファンのマスターは、ここは俺に任せろと言って、全員を返してくれた。その後皆で、にむちゃんのマンションに行って夜遅くまで飲んでいた。何故か部屋の中に雪だるまが鎮座していた。勿論、朝にはすべて消えていたが、床は大変なことになった。しかし偉いのは、全員翌日、遅れずに徳留教授の講義に出席したことだ。
3)徳留三俊先生ご退職

1985年、徳留三俊教授が慈恵医大を定年退職された。2階講堂での3学年最終講義にて、にむちゃんが徳留教授の為にエールを切った。その後、山下廣教授が新しい教授として着任された。石川栄世教授のご退職の際も、にむちゃんはエールを送っていた。にむちゃんの結婚式にも招待された。結婚式のコンバットマーチは今でも忘れない。にむちゃんの実弟、二村聡先生も慈恵に就職してきたので、さらによく飲んだ。1993年4月、私は東京慈恵会医科大学から日本歯科大学新潟生命歯学部に移籍した。移籍後も毎週土曜日、東京八丁堀にある専門学校に解剖学講義のために、新潟から通っていた。にむちゃんとは昔ほど飲みに行けなくなったが、お互い連絡を取り合っていた。

4)1995年1月17日、阪神・淡路大震災

1995年1月17日、阪神・淡路大震災が起きた。にむちゃんの行動は早かった。交通手段も何もストップしていたが、神戸に救助に向かった。確か、にむちゃんの救助活動はのちに、報告書にまとめられたはずである。是非、皆さんご一読ください。

二村浩史先生は外科医になるために生まれてきた人間である。学生時代にある偉人に影響を受けたと聞いていたが、偉人の名前は思い出せない。彼こそが、東京慈恵会医科大学:建学の精神『病気を診ずして 病人を診よ』を引き継ぎ、地域医療に命を懸けてきた医者である。2021年4月からいわきにて、甲状腺と消化器専門のクリニックを開院する。これからのにむちゃんの人生にぴったりです。にむちゃんの人生に幸多からん事を祈ります。

最後に、にむちゃん!私も仙台に戻る予定です。かげさんは、にむちゃんに死ぬまで体の面倒見てもらいますよ。

 

日本歯科大学新潟生命歯学部 解剖学第一講座主任教授 影山幾男(慈恵医大恩師・仲良し)

二村先生、開業おめでとうございます。

先生のことだから患者さんからの信頼も厚く頼りになる先生と評判になること間違いなしでしょう。医学部のラグビー時代の6年を通して先生は情熱的で思いやりのあるとても心優しい人だと感じておりました。医師としての理想を実現させるため開業を選んだのだから、とことん追求して皆様から心底頼りになる先生を目指して頑張ってください。心より応援しております。フレー、フレー、二村!

 

医療法人慈功会 くにみ整形外科 院長 國見純功(慈恵医大同級生・ラグビー部同級生・親友)

​⑩

タイヘン喜んでおります

㊗ニムちゃんのクリニック誕生!命を救ってくれたドクターニムちゃん。貴方の使命はもっともっと多くの人に幸せを運ぶこと。ボクの耳にニムちゃんの叩くサンバの大太鼓の音が聞こえるようです!

 

小林克也(大ファンのMr.DJ・患者さんだけど仲良し)

すごいやん。HPアドレス送って。

Dr.二村へ

おめでとうございます。HPみました。西田の写真が少し、爺さんくさいです。

可能であれば、変更(添付)お願いしたいです。ついでに僕の写真まで。(にむ注:西田君のメッセージのところに菰方君からきた写真も載せました。)

菰方輝夫.JPG

​独立行政法人 国立病院機構 鹿児島医療センター 外科・消化器外科 主任部長、鹿児島大学医学部 臨床教授 菰方輝夫(小倉高校同級生・親友)

開業おめでとうございます。

20年前から先生のご指導をいただき、公私共に色々御世話になりました。しばらく一緒に仕事が出来ませんが先生の新たな挑戦を心から応援致します。先生のお人柄はたくさんの人を幸せに出来ると信じております。静岡の遠くからですが先生の成功を祈っております。是非遊びに行きたいと思います。宜しくお願いします。

 

するがホームクリニック 小山友己(慈恵医大後輩・ラグビー部後輩)

​⑭

クリニック開院おめでとうございます。

聞くところでは、いわきには甲状腺専門のドクターが二村先生以外おられないとのこと。その先生がよそに移らず、ご自身の医院をこのいわきに開院されるのですから、本当のおめでとうはむしろ先生にではなく市民に向けられるべきなのかもしれませんね。わたしは先生の明るくユーモアがあるお姿しか知りません。けれどもなぜか、医療現場では常に、高度な技術と知見をもって真摯に患者さんと向き合い、絶大な信頼を得ているに違いないと確信しています。ご活躍を心からお祈りします。

PS 盛況を期待しつつも、あまり繁盛しすぎると共にお酒を飲む時間もなくなってしまうのでは、とちょっとしたジレンマに陥っています。けれども繁盛するするにこしたことはないわけですから、そのときはそのときで、とわりきることにします。繰り返し、おめでとうございます。

 

いわき市立美術館 館長、公立宇都宮美術館 館長、やないづ町立斎藤清美美術館 館長 佐々木吉晴(館長講座の大ファン・いわきの仲良し)

開業おめでとうございます。

私にとって、二村先生はあたたかい太陽のような存在です。不安な気持ちで診察室に向かう時、いつも先生から「大丈夫!」と一言。シンプルな優しさにホッとして、また頑張ろうと前向きな気持ちにさせてもらいました。開業にあたり、様々な困難や気持ちの葛藤があったと思います。ですから、今度は私から先生に一言「先生なら大丈夫です!」サンシャインいわきにふさわしい、明るく風通しの良いクリニックになることをお祈りしています。

 

患者A:さかもとめぐみ(愛知県からきてくださっている患者さん)

​⑮

二村先生、御開業おめでとうございます。

長い間の夢がかなえられた事を心から喜んでおります。先生には、大学病院勤務の頃から胃がん研究班の先輩として、多くのご指導を賜りとても感謝しております。二村先生はタレント性が高く、たくさんの思い出があります。中でも“宴会芸”と“サンバ”が強烈的でした。一瞬でその場の中心へ!楽しかったですよね!一方、私が診療に悩んでいる時には「正直に診れば良いんだよ。」というお言葉をくださり、今もその気持ちを大切にして診療にあたっています。先生は今も全人的な医療を心がけていると思います。今後も地域医療への貢献、さらに甲状腺専門医の育成などでお忙しい日々が続くと思います。これからのさらなるご活躍を期待しています。くれぐれもご自身の体調管理にもお気をつけください。

 

健仁会 益子病院 内視鏡科 部長 佐野芳史(慈恵医大後輩)

⑯​

開業おめでとうございます。

大学在学中から人をまとめていくことに長けていた二村先生はいつも人々の中心にいました。阪神大震災のときは慈恵医大第二外科の先頭に立ってボランティアに行きましたね。私もスタッフの一部として参加させていただきましたが、その行動力に感服しました。医師の枠にとらわれず奇想天外な二村先生。サンバチームを作り各所で場をもりあげてくれました。その才能は無類のものです。東日本大震災ではどれだけの人々を勇気づけてくれたでしょう。そんな二村先生が病院という枠の中で60歳までお勤めしていたことの方が不思議なくらいです。福岡で生まれ育った二村先生がいわきで開業するなんてウルトラ奇跡的な縁を感じてます。二村先生が大活躍している姿が目に浮かびます。心より開業をお祝いいたします。

 

医療法人社団 美章会 リッツ美容外科大阪院 理事長 志賀由章(磐城高校卒・慈恵医大先輩)

​⑰

二村浩史先生

クリニックの開院おめでとうございます。先生の『いわきに甲状腺の専門医を育成する』という夢・目標のスタートですね。二村先生とは、大学は違いますが20数年前、専門にしていた胃がんの学会でお会いしたのが初めてでした。学生時代に同じラグビーをしていたこともあり、意気投合しその後は患者さんの相談や色々なことを話すようになりました。医師には、もちろん医学的知識や医療技術が必須ですが、患者さんの信頼を得るには知識や技術だけではなく人としての包容力が必要になります。先生は、生来持ち合わせた明るさ、優れた感性と思いやる心、コミュニケーション力、そして人並み外れた行動力を持ち合わせています。必ずや地域の信頼を得て、最善の治療に邁進するであろうことを祈念して、推薦の言葉といたします。

 

島田台総合病院 院長 高木融(磐城高校卒・学会の先輩)

二村先生推薦文

二村浩史先生は私が最も敬愛する先輩であり、医術も学問にもヒューマニティーを持ったお医者さんです。二村先生は慈恵医大を御卒業され、消化器外科の道を選択されました。御専門の胃癌手術を習得しながら、病理学教室に通われ胃癌病理学はもちろん、消化管癌病理全体に精通されています。二村先生の素晴らしいところは、胃癌病理をご自身の研鑽で終わらせることなく、後輩たちに進むべき道を示し、胃がんグループを形成・発展させた実行力であると思います。そして、その成果は迷走神経温存胃切除術に集約されています。さらに世界で初めて赤外線観察による胃がんセンチネルリンパ節生検を発表され、多くの臨床試験を行いながら後輩の学位論文指導をなさいました。胃がんセンチネルリンパ節生検の仕事は私が引き継ぐことになったのですが、二村先生が引かれた線路に従って進んでいくような感じでした。二村先生がリーダーであったならばもっと輝くような成果を出されたのではないかと想像してしまうことがあります。「胃がん医療に情熱を持つ仲間とともに、日本中の胃がん患者さんに不要なリンパ節郭清と胃切除術を控えて、根治性が損なわれずに術後QOLが高い医療をお届けしたい」このミッション・理念を中心に据えながら、二村先生のもとに集まる素晴らしい全国の医師仲間みんなが、「にむら甲状腺と消化器クリニック」を応援しており、今後も急スピードで成長を遂げると確信しています。慈恵医大を離れてからは甲状腺専門病院で新たな領域に挑戦され、いわき市で甲状腺外科の指導的立場としての行動をされており、学んだことを実践して結果を出される姿を拝見して尊敬の念を深めた次第です。 二村先生のクリニックは、消化器科、甲状腺科の高い医療水準があるばかりでなく、ラグビー、演劇、温泉指導医、サンバなど多趣味な二村先生のお人柄もあり安心して相談ができるオアシス的クリニックです。お腹の調子が悪いかたや、首にしこりがあって悩んでいる患者さん、その家族の方はぜひ二村先生のクリニックを受診されること強くお勧めいたします。

 

東京慈恵会医科大学附属柏病院 上部消化管外科 准教授 高橋直人(慈恵医大後輩・ラグビー部後輩)

「にむら甲状腺と消化器クリニック」を開業との事、御目出とう御座います。

大学という組織から出て地域医療の中心で活躍されていたようですが、もっと密接に患者さんの健康と関わる開業へと転身を決意されたとの事、母校で培った『病気を診ずして病人を診よ』の誠心の現われかとも思います。元々二村浩史院長は、学生時代から人と人との関わりを大切にし、他の人を思いやる心根の持ち主でした。いろいろな方面に、多くの経験・体験を積まれた今、この心根を更なる高見へと押しやる一層の活躍が期待されます。「にむら甲状腺と消化器クリニック」が、地域の人に信頼され、その地域に住まう人たちの健康を見守り、そこに根を張ることを期待しています。

 

元常葉大学 健康プロデュース学部 学部長・教授  竹内修二(慈恵医大恩師)

​⑳

二村先生 

ご無沙汰しております。お返事遅くなり大変恐縮です。武田は元気にしております。2021年4月1日甲状腺・消化器専門クリニックの開院おめでとうございます。寂しくなりますが、応援しております。準備は色々と大変かと思いますので、One team 精神でなにか力になれることがありましたら教えて下さい。二村先生、今まで通りの優しい患者に寄り添った診療を引き続き期待しております。人生100年時代、never too late, one for all ファイトです! 
 

東京慈恵会医科大学 外科学講座 下部消化管外科 助教 武田泰裕(慈恵医大後輩)

二村浩史先生

クリニック開設にあたり心よりお祝い申し上げます。先生とは診療や手術を共にするようになってまだ半年足らずですが、幅広い知識や技術はもちろん、「何だかよくわからないんだよ、でも面白いよね!なぜだろうね?」という旺盛な知識欲と向学心に感銘を受け、すぐに師と仰ぐようになりました。そのような先生ですから、クリニックも進化を続けながら発展していくことでしょう。甲状腺の病気は専門医が少ないですし、見逃されることも多いそうです。いわき周辺の方々は二村先生がいらして本当に幸運ですね!

 

東京慈恵会医科大学 外科学講座 消化器外科・肥満外科 助教 道躰隆行(慈恵医大後輩)

二村先生

開業、おめでとう!学生時代から鍛えたガッツとバイタリティーで、患者さんのために頑張ってください。ふるさと福岡から、応援しています。

 

桜坂なかやまこどもクリニック 院長 中山英樹(小倉高校同級生・親友)

お元気ですか。

ご無沙汰しております。我々の時代から、センチネルも蛍光で観やすくなっているみたいですね。先生も相変わらずエネルギッシュに活躍されていますね。新規の展開も頑張って下さい。ご活躍お祈りいたします。

先生との仕事は慈恵のオペルームでICG(インドシアニングリーン)を胃壁に注入した後、赤外線内視鏡でリンパ管とリンパ節が鮮明に描出され、びっくりしたと共に、これは行けるとお互いに思ったことを、いまでも鮮明に思い出します。あれから先生は学会でオピニオンリーダー的に活躍されました。今はセンチネルは先進医療になっているようですが、慈恵を退職していなければ、今頃どんなに活躍していたかと思います‼先生の人柄で沢山の方から応援のメッセージが送られていますが、開業してからの患者さんは、先生の人柄に親しむ、専門以外の人々も沢山集まるのが今から想像されます。ご活躍お祈りいたします。

PS コロナが収まったら飲み会やりましょう。

 

立川中央病院附属健康クリニック 内科・消化器・内視鏡 成宮徳親(慈恵医大先輩)

​㉓

ご開業おめでとうございます。

二村先生とは福岡県の中学校で初めてお会いして三年間一緒でした。一年生のときから自分の思いをしっかりと持って、でも人にそれを押し付けない独特のオーラを持っていた人で強烈な印象が残っています。中学卒業後、まったく別の道を歩みましたが、30年振りに東京で医師と歯科医師として再会したとき、二村先生の情熱が中学生時代とまったく変わらず『まっすぐ』なのに感動しました。『いわき』大好き『サンバ』大好き『人間』大好き、二村先生のご開業を応援します‼ ‼東京で開業して欲しかった気持ちはあるんだけどなー。

 

医療法人社団竹早会 鍋山歯科クリニック 理事長  鍋山知(明治学園中学校同級生・親友)

​㉕

二村浩史先生へ。

甲状腺専門医の資格を持って、患者様の立場に立った医療をおこない、慈恵医大、関連施設で学んだ知識と技量を地域の皆様と医療関係者に広めたいとの志でクリニックを開院されると聞きました。おめでとうございます。インフォメーションの開示、情報革命の時代に、それらを駆使し学会参加、専門医の更なる修練を目指しておられると聞き、たいへん、期待しています。並外れた社交性と明るさ、ラグビー、相撲、音楽、写真、サンバなど、幅広い知識、教養、常識をもち、大都会や世界で通じる人間性と素質を持った先生ですので、すばらしい診療を行うことは、間違いありません。私は、米国在住ですが、私も、先生の患者になろうと考えています。ITをつかって、Telemedicineで遠隔診療で先生に診察していただこうと考えております。二村先生よろしくお願いします。二村先生の言うことは間違いないと考えます。皆様にも強くお勧めしたいと考えております。

西田聖剛.JPG

ニューヨーク医科大学、臨床外科教授、ウエストチェスター医療センター、肝移植部門統括責任者、米国在住, 日本外科学会専門医、日本消化器外科学会専門医、指導医、米国移植外科学会員、UNOS Primary Surgeon for Liver transplant program, NYWC, UNOS,  National liver review board member. Advisory board member of Live On NY, organ procurement agency. NYC, NY. , Clinical Professor of Surgery, Department of Surgery, New York Medical College. Chief of liver transplant section, Westchester Medical Center, Valhalla, New York. USA 西田聖剛, Seigo Nishida, MD, PhD, FACS(小倉高校同級生・大親友)

兄へ贈る応援メッセージ

兄は外科医としての鋭い観察力と確かな技術、人間としての優しさと厳しさを持ち合わせた稀有な存在だと思います。これはきっと、これまで出会った素晴らしい仲間との交流、そして、大学勤務時代の外科病理学研修や阪神淡路大震災超急性期医療への長期参加経験によると思います。残りの人生をいわきに住まう方々に捧げる兄に、ここ福岡筑紫から熱くエールを贈りたいと思います。天国にいらっしゃる石川栄世名誉教授もきっと微笑んでいらっしゃることでしょう。貴院の病理診断については私どもが全面的に支援いたしますので、安心して診療に専念してください。令和二年十二月十二日

 

福岡大学筑紫病院 病理部病理診断科 教授 二村聡(実弟)

㉗​

二村君へ。

自分が心からやりたいと思うことにチャレンジできる人生は本当に幸せです。それを支えてくれる人への感謝の気持ちを忘れずに、人生をより輝くものにして下さい。そのチャレンジが少しでも人の役に立てるなら、これ以上の喜びはありません。頑張ってください。

 

元小倉高校三年時担任 野口悟(小倉高校恩師)

㉘​

二村先生

このたびはご開業おめでとうございます。先生には、私が小学生低学年の頃からラグビーの合宿やグラウンドでよく遊んでいただき、とても楽しかったのを今でも覚えております。特に合宿の際には、四つん這いの二村先生の上に跨って「走れ!走れ!」とお尻を叩いていた事は鮮明に覚えており、とても失礼だったと反省しております、お許しください。二村先生には、父親が病気で倒れた際は駆けつけて外来診療を手伝っていただいたり、兄が脱水で倒れた際は家まで来て点滴をしていただいたり、お世話になってばかりです。また私が慈恵医大ラグビー部に入部した際にはとても喜んでいただき、特に忘れもしないのは外科の病院実習の時「今日はラグビーの練習日だろ?じゃあもう帰っていいよ」と2時間ほど早く病院を出させてくれた事です。練習に集中できて助かりました。そんな二村先生の人間味溢れる性格、周りを楽しませるトーク、私の父親の昔話をする時に見せるいつもの笑顔があれば、いわき市の地域の皆様にとって信頼できる診療所になる事は間違いないと思います。先生のご活躍を心からお祈りいたします。

 

久富整形外科クリニック 院長 久富輔(慈恵医大後輩・ラグビー部後輩)

二村先生ご無沙汰しております。

昨日(15日)、年1回の各種検査結果伺いのため高橋(直人)先生の外来を受診しました。結果につきましては、おかげさまで特に異常所見もなく、問題ないとのことで一年後の検査予約をしていただきました。なお、高橋先生から「二村先生、いわきで開業されますよ」とのお話をうかがいました。おめでとうございます。2007年、柏健診クリニックで先生ご担当の健診で、妻とともにピロリ菌の除菌から始まり、同12月新橋本院での先生による手術、高橋先生の病棟長とのご対応等々、種々ご指導いただき今日に至っており、妻ともども先生の開業喜んでおります。本当におめでとうございます。今後のご活躍・ご繁栄を祈念致しております。今後ともよろしくご指導お願い申し上げます。いわきでの病院名等々差し支えない範囲の情報いただければ幸いです。

2020年12月16日 

 

千葉県流山市在住 81歳 福井賢志郎 幸子(慈恵医大病院時代の患者さんと奥さん)

​㉚

二村浩史先生

開業おめでとう㊗ございます。いつも遠方から消化器がんの患者さんをがん研にご紹介いただきありがとうございます。いつも的確な内視鏡診断に感服致しております。いわき市で唯一の甲状腺が診れる医師として頑張ってください。コロナ鎮圧の暁には開院祝いを企画いたしますのでよろしくお願いします。コロナでサンバもお休みしているかも知れませんが、コロナ対策サンバもよろしくお願いします。地元のファンが楽しみにしていると思います。今度がん研にもサンバチーム来てください‼いつもはピアノやバイオリンのクラシックばかりなので患者さんもしんみりと聴き入っていますが、サンバチームがきたらみんな喜びます。

 

がん研有明病院 消化器内科 部長 藤崎順子(慈恵医大先輩)

幼なじみのにむ先生へ

にむ先生、クリニックのご開業おめでとうございます。にむ先生と私は生まれた時からの幼なじみの同級生。同級生とはいえ、私は5月生まれ、にむ先生は年が明けての2月生まれ、しかも顔に似合わずバレンタインデーが誕生日。私とにむ先生の歳の差はほぼ1年あります。幼稚園の頃は、毎日毎日一緒に遊びました。私の後をチョコチョコ追いかけて来ては、「まってー」と叫ぶので、振り返ると、きまってヨダレか鼻を垂らしていました。私はにむ先生のために、園服のポケットには、2つティッシュペーパーを入れて欲しいと親に頼んでいました。当時、バラの香りのするティッシュが流行り、そのティッシュでにむ先生の鼻を拭くのは「もったいないなあ」と、幼心に思っていました。(ゴメンにむ💦)そんなこんなで、私たちは腐れ縁が続き、あっと言う間に、おじさんとおばさんになりました。しかも、にむ先生がいつの間にか立派な医者になり、私の主治医になるとは、当時は思いもよりませんでした。私は毎年職場の大学の定期健診を受けずに、いわきのにむ先生のところに健診を受けに行っております。なんだか今では私がにむ先生に世話になっており、すっかり立場が逆転しました。定期健診の後には、夜の最終電車まで、いわきの美味しい海の幸、山の幸をたらふくにむ先生にご馳走になり、幸せな気分で東京の自宅に戻ります💓前書きが長くなりました。この度、いわきににむ先生が開業されるとうかがい、幼なじみとして、心からお祝いの言葉を述べたいと思います。小さくて鼻垂れ小僧のにむ先生が残りの人生をいわきの方々に捧げるなんて、天晴れ❣姉としては鼻が高いです!!健診のみならず、これからはいわきに行く楽しみがまたまたふえました!!いわきの皆様、にむ先生をくれぐれもよろしくお願いします。

 

立命館大学 人間科学研究科 教授 増田梨花こと梨花ちゃん先生(田川カトリック幼稚園、明治学園中学校同級生)

​㉜

二村先生、開業おめでとうございます。

患者さんに対する温かさと使命感を持ったニムちゃんはこれから更に地域医療に貢献してゆかれることと信じております。頑張ってください。

 

三善病院 院長 松井隆明(慈恵医大同級生・親友・元学生委員長)

​㉝

二村先生

いわきでの開業おめでとう!とうとう完全独立だね。思えば、高校3年の時に慈恵医大一本で受験をして、見事に合格したんだよね。僕のような優柔不断の人間にとってはとても考えられない信念を当時から持っていたことを今でもしっかりと覚えているよ。これからもその信念を忘れずに、いわきの地域住民のためにも医療を続けていってください!金沢から応援しています。

 

金沢大学大学院医学系研究科 泌尿器集学的治療学 教授 溝上敦(小倉高校同級生・親友)

㉞​

開院おめでとう、二村浩史先生に盛大なるエールを送ります。

二村先生
いよいよ「にむら甲状腺と消化器クリニック」開院ですね。分かりやすく、意気込みを感じるクリニック名で先生の思い入れが良く伝わると思います。学生時代から何事も猪突猛進、九州男児を地で行く先生の言動は医師になってからも変わらず、消化器、甲状腺疾患に思い入れ、研鑽を積み、突き詰めて、満を持して開院にこぎ着けたのだと思います。体調に留意しいわきの地で「病人を診よ」を貫いてください。

東京慈恵会医科大学附属病院 外科学講座 教授・上部消化管外科診療部長 三森教雄(慈恵医大先輩・ラグビー部先輩)

​㉟

このたびは、「にむら甲状腺と消化器クリニック」のご開院おめでとうございます。二村先生はじめスタッフの皆様に心からお慶びを申し上げます。かねてから、開院準備のお知らせを頂いておりましたが、とうとう実現の日が来たのですね。一歩一歩、着実にご自身の夢を現実のものとした二村先生に、改めて敬意を表します。私と二村先生の出会いは2016年6月にさかのぼります。私が勤務している老人介護施設にサンバのリズムで入所者様たちに笑顔を作ってやりたいとのことで来所していただきました。サンバのリズムにガンザを振りながら入所者様たちがとても喜んでいたことを記憶しております。その後、毎年定期的に施設を訪問していただき入所者様に笑顔を届けていただいております。そして、いつの間にか私も先生の主宰している「いわきサンバっぽい音楽隊POI」の一員となりました。サンバばかりでなく、二村先生のご講演にも何度か参加させていただきました。講演開始のつかみの部分がとても素晴らしいことに感心しております。「こんにちは。にむにむです。」と、ある時は被り物をしたり、また、ある時は指人形を使ったりと、聴衆者の心をギュッとつかみ、スムーズに講演に進むという抜群のテクニックを持っております。先生は音楽ばかりでなく、スポーツも愛し、美術にも造詣の深い方でありまして、多くの趣味と特技を持っておられる方です。何よりもポジティブで前向きにとらえることができる性格であるので、たくさんの人を引き付ける魅力ももち合わせている先生です。二村先生の明るく穏やかな人柄があれば、人気のクリニックになることは間違いないと思います。用意周到のうえでのご開院とはいえ、すべてが初めての体験となりますから、先生はじめスタッフの皆さんには考えも及ばないようなことも生じるかもしれません。新たなチャレンジへの第一歩を記す際の積極的なお気持ちをいつまでも維持され、力強く歩んで行かれますようお祈り申し上げます。いわき市唯一の甲状腺専門医として、多くの方に愛され、地域に「なくてはならない病院」として、ご発展を祈念するとともに、引き続き末永いお付き合いの程よろしくお願い申し上げます。

 

社会福祉法人 いわきの里 業務執行理事 村井弘(いわきの仲良し)

遅くなりましたが、応援メッセージです📣

乳頭温泉郷…とても楽しいひとときでしたね♪いわきでの唯一無二オンリーワンを目指して下さい。新天地でのご健勝を祈ってます。診察の時は宜しくね〜。

 

JVC(ビクター) 製造部長 森浩司(小倉高校同級生・親友・元バレー部)

​㊲

推薦状 二村 浩史 先生へ

開業おめでとう御座います。二村先生の開業に際してお祝いと推薦を述べさせて頂きます。二村先生の開業は成功すること間違いないと信じています。皆さまもご存知のように、まず二村先生の医師としての患者さんへの接し方(これが一番大切ですが)は紹介した患者さんの反応でわかりますが、全く問題ありません。もちろん、外科的な技術も甲状腺の手術も結果がよく、いつも安心して紹介しています。また、個人的にもお付き合いさせて頂いておりますが、人柄・人間性ともに申し分ありません。その様な状況で、先生がいわき市で開業すると聞いて一番喜んだのが私ではないかと思っています。何故なら、甲状腺疾患の患者さんを紹介して診て頂いている以外にも、医師会の出前講座の講師を依頼したり、私たちの介護施設へのサンバ慰問をして頂いたりと、沢山のお付き合いがあるからです。でも、何と言っても、一緒に呑む仲間であることが一番重要です。開業と言うことでこれからも一緒に仕事や・・・のお付き合いを長く続けていくことが出来ると思ってホッとした次第です。先生、開業に際して何か分からないことがあれば、何時でも聞いて下さい。お手伝いが必要なときには直ぐ連絡下さい。いわき市の医療にこれからも一緒に貢献していきたいと思います。また、個人的にも宜しくお願い致します。

 

医療法人 医和生会 山内クリニック 理事長・院長 山内俊明(いわきの仲良し)

二村先生

ご無沙汰しております.こちらは元気にやっております!心温まる激励のメールありがとうございます.

松村総合病院では,二村先生をはじめ皆さんに本当に親切にして頂きありがとうございました.私が最後に臨床を行なったのは松村ででしたが,皆さんの人柄の良さ,いわきの土地柄の良さに触れることができ本当に良い思い出となっております.フランスにおりましても,いわきのニュースを目にする度,じっくりと読み込んでしまいます.当時一緒に働いていた平松もまだオーストラリアにいるのですが,時々連絡を取り合って,お互い異国の地で頑張ろうと励ましあっております.

さて,ご開業おめでとうございます!ホームページ拝見しました.患者さんに寄り添った丁寧なインフォメーションで先生らしいなと感じました.そして唯一の甲状腺専門医としての先生のお気持ち・気概が伝わる素晴らしい内容ですね.また,各所からの応援メッセージの多さにびっくりしましたと共に,皆さん口を揃えて先生のお人柄を称賛されており,全くその通りだと頷きながら拝見いたしました.誰かも仰っていましたが,何かを始めるに遅すぎるということは決してないでしょうし,二村先生のご活躍をパリから祈念しております.

最後になりましたが,季節柄どうぞご自愛くださいませ.また蛭田さんにもどうぞよろしくお伝えください.私が本帰国した際はいわきに遊びに行きますので,また飲みに連れて行ってくださいね.

吉井 拝

 

東京慈恵会医科大学 呼吸器内科学講座 助教、現フランス・パリ・パスツール研究所所属 吉井悠(慈恵医大後輩)

にむちゃん

2021年4月1日にご開院されるとお聞きいたしました。本当におめでとうございます!また、コロナに立ち向かうため、日々奮闘している皆様に心からの感謝と賛辞を申し上げます。感染のリスクがある中での皆様の勤勉な働きと自己犠牲は本当に貴重です。皆様の働きが報われることを心からお祈りします。これから開院に向けて準備を行い、万全の体制で開院されることを祈念いたしております。にむちゃんの病院が開院されれば、地域の皆様にとってなくてはならない病院になること間違いなしですね!高校の一番の親友として、今後のご活躍とご健勝を心からお祈りしています。

 

株式会社日本旅行 秘書広報部 担当部長 吉田征哉(小倉高校同級生・大親友・元野球部甲子園球児)