当クリニックの実績のご報告

学会発表

・第83回日本臨床外科学会総会(令和3年11月19日 東京にて) 

総会特別企画06「外科医は南海トラフ地震に備えるために何をすべきか?」

-阪神淡路大震災での医療ボランティア、東日本大震災での現場医療を経験してー

二村浩史

20211120臨外二村.jpg

診療実績のご報告

〇4月から12月まで9か月間の初診患者の内訳

 

総計 937人
1. 甲状腺関連 726人
2. 消化器関連 159人
3. その他 52人

 

1.甲状腺関連 726人の内訳
 a) 甲状腺中毒症 211人

  ・バセドウ病 166人

  ・無痛性甲状腺炎 25人

  ・亜急性甲状腺炎 14人

  ・機能性結節 4人

  ・潜在的甲状腺機能亢進症 2人
 b) 甲状腺機能低下症 155人
  ・橋本病 125人
  ・萎縮性甲状腺炎 9人
  ・薬剤性甲状腺機能低下症 2人
  ・低T3症候群 4人
  ・それ以外の甲状腺機能低下症 13人
 c) 結節性甲状腺腫(術後および嚢胞を含む) 309人
 d) そのほか(副甲状腺疾患を含む) 14人
 e) 異常なし 37人 

検査および手術

 ・エコー下穿刺吸引細胞診検査 77人

 ・常磐病院での甲状腺手術 16人

 (執刀:二村、助手:尾崎医師+蛭田看護師)

 (手術前日火曜日入院、金曜日退院 入院期間4日間)

2.消化器関連159人の内訳
 a) 上部消化管関連 55人
 b) 下部消化管関連 31人
 c) 肝胆膵関連 25人
 d) 胃瘻交換 48人

検査

 ・上部消化管内視鏡 61人

 (経鼻セデーションなし 49人)

 (経鼻セデーションあり 2人)

 (経口セデーションなし 2人)

 (経口セデーションあり 8人)

 ・下部消化管内視鏡(すべてセデーションあり) 15人

 ・ピロリ菌呼気テスト 8人